コミュニティアート鉄道

鉄道好きの中学生ワタルくんとそうでもない現代アーティスト門脇篤が仙台・宮城で開業するアートプロジェクト「コミュニティアート鉄道」の活動ブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コミュニティアート鉄道

鉄道好き少年ワタルくんとそうでもない現代アーティスト門脇篤によるコミュニティアートプロジェクトとして震災直後に始動した「コミュニティアート鉄道」。仙台市最大の仮設住宅が建設された長町駅前に「たいはっくる駅」を開業させたり、伊達政宗が仙台城に移る前を過ごした岩出山の、今回の震災で崩落した藩校「有備館」を立て直す文化活動を行ったり、バス事業を展開したり、今となっては珍しくなってしまった駄菓子屋に「鉄道カードくじ」なるオリジナルカードくじを置いてもらい、鉄道好き少女の思い出を救ったり(あるいは救わなかったり)、今年に入っては仙台勾当台広場に出店、たった4人しか来なかったにも関わらず、その4人は開店から閉店までいつづけ、最後には店員になってしまったという「鉄道カフェ」など、多彩かつ地道な復興支援活動を行ってきた。
スタート当初は中学2年生だったワタルくんも今年春に見事志望高校に入学し、存亡の危機に立たされていた鉄道研究会を立て直すという快挙をなしとげた。
これらの活動を通じ、我々はさまざまなところで鉄道を媒介としたコミュニケーションが人々をつなぎ、受け止め、救いとなっていることを実感している。鉄道は単なる「乗り物」ではない。それは人の夢や意志を乗せ、まだ見ぬ地平を目指すメディアと言えるだろう。
今回の中本誠司現代美術館での展示でも、鉄道がなければ生まれなかったであろう新たなつながりが生まれた。この「線路」をまたどうつないでいけるのか。駅長ワタルの挑戦は始まったばかりだ。


会場内で見られる展示
・連載コミュニティアート鉄道 第1〜6回(冊子)
・書き下ろし「コミュニティアート鉄道」(手書きテキスト)
・駅長ワタルの駅長日記(手作りアルバム)
・鉄道カードくじ(カードくじ)
・駅長帽「正宗」(駅長帽)

参考リンク(QRコードからアクセスできます)
・コミュニティアート鉄道(公式ホームページ)
http://communityart.blog.fc2.com
・コミュニティアート鉄道「有備館復活!」
http://youtu.be/9XkCS_c02Sk
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。