コミュニティアート鉄道

鉄道好きの中学生ワタルくんとそうでもない現代アーティスト門脇篤が仙台・宮城で開業するアートプロジェクト「コミュニティアート鉄道」の活動ブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月7日から始まった仙台長町での「サンキューアートウィーク」も残すところあとわずかとなってきました。コミュニティアート鉄道社長で仙台在住の現代アーティスト門脇です。
今回我々は仙台の中でも別格と言われる長町エリアのそのまた別格と言われるフラワー通りでのプロジェクトに挑みました。そこは異次元と異空の交わる奇跡のまちでした。
そこで過ごした時間は、ショッピングモールとモータリゼーションが席巻し、ITと効率化が牛耳る現代社会のもろさ危うさが露呈した震災後を生きる我々にとって「まち」とは何かを問い直す場ともなりました。
今回我々は、こども研究員ワタル駅長が四年間にわたり撮りためたコレクションから厳選した50枚をセレクトした「鉄道カードくじ」とバリアフリーなアイドルプロジェクト「アイドル☆インクルージョン!」準備メンバーによる「アイドルカードくじ」のふたつを用意。フラワー通りの名物駄菓子店「ハトヤ」さんの全面的な協力を得て、これらを長町のみなさんへとプレゼンテーションしました。結果は驚くほどに好意的なもので、出す度に完売。ちびっ子のみならず常連の青年の間にも我々の名が知れ渡るほどになりました。
バリアフリーゆえに元ホームレスの男性から動物までメンバーになりうるという「アイドル☆インクルージョン!」。一発目におじさんのブロマイドを引いてたしまった女の子が悲惨な表情をしていたのでどうなることかと思っていた「アイドルカードくじ」はその後「おじさんを当てる」と綺麗なお姉さん篠塚さんその人がプロモーションで来店しているにも関わらずそっちのけで熱狂されるほどに「想定外」の遊び方を誘発。
そして何より報告したいのが鉄道好きな小学五年生の少女との出会いです。彼女は学区外なのでフラワー通りは初めて。四つ折りにしたサンキューアートウィークの一目で分かるどピンクのチラシを大切そうに取り出しながら小さな声で「鉄道カードくじはありますか?」
五枚引いて新幹線やブルートレインなどが当たっていましたが何とねらいは「山手線」。理由を聞くと「家族でスカイツリーを見に行った時にの思い出」なのだそうです。お目当ての山手線をゲットすることはかないませんでしたが、我がコミュニティアート鉄道の鉄道コレクションをねらってきてくれたことはたいへんな収穫だと言えるでしょう。なぜならアートは本来非常にプライベートなものであり、たったひとりの心の救済のためのものであったりもするからです。
今週末で最終日を迎える「サンキューアートウィーク」。まだ未体験の方はぜひ仙台長町へ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://communityart.blog.fc2.com/tb.php/50-4775d602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。