コミュニティアート鉄道

鉄道好きの中学生ワタルくんとそうでもない現代アーティスト門脇篤が仙台・宮城で開業するアートプロジェクト「コミュニティアート鉄道」の活動ブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開業式

お疲れ様です!みなさん、いかがお過ごしですか?
コミュニティアート鉄道歌舞式会社社長で現代アーティストの門脇です!
今週立ち上がった本ブログの使い方にもやっとなれ、
ほどよい大きさの画像を出せるようになりました。
(横浜のアート・ラボ・オーバさん、ご指摘ありがとうございました!)

さて、「コミュニティアート鉄道」って、何?という方のために
一寸、解説いたしましょう。
私のところに小学1年生のときから弟子入りしてきた子がおります。
名前をワタルくんといって、入って来たときには小さな子だったのですが
その後タケノコのようにぐんぐんのびて
中学2年生の今では私よりも背丈がある感じ。
私は仙台で癒し系の塾をひらいているのですが、
ワタルくんのお母さんからは「べんきょう以外のことを教えてほしい」と言われ
毎週あの手この手でワタルくんの想像力を刺激していったわけです。
そのあたりについてはかの東日本大震災の折、
なだれをうって崩れ落ちたわが家の本棚から
ワタルくんと当時取り組んでいたさまざまな「企画書」が発見されたので
本ブログでもおいおい紹介していきたいと思っています。

さて、このワタルくん、以前から乗り物好きではあったのですが、
齢を重ねるごとに鉄道マニアへと成長しました。
私は震災前は毎月のように東北新幹線に乗っていましたので
車内で配られるJR東日本の無料の雑誌「トランベール」と
いかに駅弁が高くて不満足であったかなどの土産話を彼にするのを
常としていたのですが、
今回、大震災を機ににわかに活動領域と回数が増えてきた
バリアフリーなアート・プロジェクト「アート・インクルージョン」に
バリアフリーなのにやっている人の年代層にあまり差がないなと感じ
彼を誘ってみたわけです。
最初、あまり乗り気ではなかった彼ですが
鉄道ものの企画をちらつかせるとだんだんに乗ってきて
何度か鉄道マニアのツボをはずしながらも
あれこれ打ち合わせを重ねた結果、
「コミュニティアート鉄道」なる一大プロジェクトへと行き着いたわけです。

さて、その壮大なるプロジェクトとは?
次回をお楽しみに!

なお、本ブログは私社長こと門脇のほか、駅長ことワタルくんも
執筆の予定です!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://communityart.blog.fc2.com/tb.php/6-84bc6708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。