コミュニティアート鉄道

鉄道好きの中学生ワタルくんとそうでもない現代アーティスト門脇篤が仙台・宮城で開業するアートプロジェクト「コミュニティアート鉄道」の活動ブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_4088.jpg

9月28・29日、仙台放送祭りと同時開催で仙台勾当台公園で行われた「Ai(アート・インクルージョン)どんどこ市」にわがコミュニティアート鉄道者も招待され、駅長ワタルくんの片平丁小学校時代の大センパイでもある志賀潔先生の銅像前に「勾当台公園志賀潔像前駅」を開業することになりました!

が、まさかの「ちょっと別のところでお願い」…志賀潔像前での開業は見送りとなり、とりあえず大きな木の下で電車づくりワークショップを開始。ところがこのアウトドア感満載の場所は、実にスローでリッチな場所なのですが、動線からかなりはずれているので誰も来ない!

そうこうするうちに仙台放送祭りで無料のおみやげ漁りに来ていた女子4人がやって来て、スパンコール電車を作り始めました。結局初日のお客さんはこの4人のみで、しかしこの4人、日暮れまでひたすらわが「どんどこステーション」で遊び倒していきました。そのときの写真が上。

さて、二日目はなんとか通路に面した場所を確保することができ、いよいよ開業です。前日に遊びに来た女子たちもいつの間にかスタッフとして参加。電車づくりワークショップや鉄道カードくじを準備して開業に備えていると…女子たちが「スパンコールステーション」なるど派手な駅を勝手に開業!スパンコールつかみどり1回50円に目がくらんだ女子たちでにぎわい、たいへんな騒ぎに。
やっとお昼過ぎになってわがコミュニティアート鉄道らしいゆったりとしたローカルな時間が流れ始め、道ゆく人と鉄道写真を見ながら話に花を咲かせたりし始めた矢先、駅長ワタルからまさかの「用事があるから帰ります」発言登場!

とはいえ、駅長ワタルくんがみごと高校受験で志望校合格を果たし、実に2年ぶりとなる企画ができたことはわがコミュニティアート鉄道社にとって、実に画期的な日でした。
来月は仙台長町で開業します!

ちなみに「どんどこ市」初日はラップ★インクルージョン↓のライブもありました。
震災を伝えるラップから始まった彼らですが、若ものの思いや動物の思いを伝えるラップ、そして今回は戦争の記憶を伝えるラップへとその領域を拡げています。
11月には長野で公演があるそうです。

DSC_0965.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://communityart.blog.fc2.com/tb.php/60-be66ce9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。